Home
 

骨盤の歪みと骨盤矯正について

骨盤矯正とは、外部から力を加えることで骨盤を正しい位置に戻すことを言います。

脚を組む、物を食べる時にいつも同じ方の歯で噛む、バッグをいつも同じ方に掛ける、運動不足などといった日常の動作やクセ、偏った姿勢などにより骨盤は歪んでしまいます。

骨盤が歪んでいると様々な体の不調が出てきます。腰痛や便秘、胃下垂、肌荒れ、冷え性、むくみ、O脚、X脚、猫背、下半身太りなどといった様々な症状が挙げられます。これらは骨盤が緩んだ状態の症状ですが、反対に骨盤が締まりすぎていると、骨盤が常に緊張した状態となり、不眠やイライラといった情緒不安定な症状を引き起こすことがあります。

自分の骨盤が歪んでいるかをチェックする方法としては
・仰向けになり、足の裏を合わせて膝を開く
・仰向けになり、足をM字に折り曲げる
と言うような方法があります。
膝を開くのがが楽に出来ると骨盤が緩み気味です。また、M字に折り曲げるのが楽に出来ると骨盤が締まり気味です。
まずは自分がどのタイプかをチェックしてみましょう。

骨盤矯正の方法としては整体やベルトなど様々なものがありますが、結局は自分の普段の生活習慣が影響してくる為、自分でストレッチをしたり、普段の生活の中で骨盤が歪まないような動作をし続ける事が大切です。

ストレッチの方法としては
・骨盤を回す→足を腰幅位に開いて両手を腰にあてる。つま先やかかとを床から離さないようにして前を向き、上体を動かさずゆっくり腰を右回り、左回りともに回します。

また、腹式呼吸をすることも内臓を温め、リラックスをする事が出来るため、大切とされています。

ヨガやピラティスも自分で出来る骨盤矯正の一つです。ヨガは身体を鍛えるというよりはストレッチに近く、体のバランスや自律神経の調節に適しています。ヨガの一つ、
・しゃくとり虫のポーズ→息を吸いながら顎と胸、足先を床につけたら5呼吸します。息を吐きながら両膝を伸ばして、さらに5呼吸をキープします。酸素を体いっぱいに取り込むことで体が動かしやすくなります。

ピラティスは基本がトレーニングなので、筋肉を鍛える事で体脂肪を減らし、体を引き締める効果があります。筋肉をつけることで脂肪の燃焼を促し太りにくい体を作ります。また、代謝が上がることで脂肪が減ったり、血行が良くなって、美肌効果が出たり、若々しい身体になります。ピラティスを行っていると、自然と姿勢が良くなってくるので、腰痛や猫背など、歪んだ骨盤を矯正するのに効果的です。



当サロンは主力商品である骨盤矯正において日本で最も古い歴史を誇り、高品質で丁寧な施術、サービスを提供する厚生労働省認可の治療院です。 新刊発刊記念! ビジター料金40?60%OFF!(※ビジターご利用時に、指導料はかかりません。) 施術は、20時30分まで。 乳幼児や年配の骨が弱い方でも柔軟に対応できる技術。 どのような年齢層に応じても対応することができる。 骨盤矯正なら38年の実績の東京ボディセラピストサロン